薄毛の治療は海外医薬品

世の男性に付きまとう悩みの一つに薄毛があります。
このストレス社会に於いて、様々な要因が重なり若くして薄毛に悩む男性がいるのも事実です。
ただ、薄毛は治せる時代です。現在、海外医薬品が通販等で簡単に入手出来る時代となっております。もう薄毛に悩む必要はありません。

プロペシアとミノキシジルはどちらも海外医薬品として、手軽に通販で入手出来る薬です。通販と言っても個人輸入代行を利用してお買い物をするのが海外医薬品を入手する方法の最もポピュラーな方法かと思います。
プロペシアは薄毛の原因であるDHTはテストステロンの変換により形成されます。DHTが男性ホルモンの受容体に結合してしまう事により、成長期の頭髪へ退行や休止へ移行される信号が排出されてしまいます。その為、細い退行期にある毛髪が増えたり、太く長い毛へと成長する前に抜け落ちてしまう為、薄くなります。
AGAの原因にあたるDHTを形成する為に必要な5α-還元酵素を防いでくれるのでDHTが生成されるのを制御します。
この事で成長期がより長くなり、細く弱々しくなった髪を太く硬い毛髪へ戻したり、休止期の毛穴にある毛髪も成長する為、より多くの効果を期待出来るお薬です。
ミノキシジルは昭和35年、経口高血圧のお薬として開発へと至り、その後、育毛の効能も併せ持っている事が発見され、ロゲインが外用剤として発売される運びとなりました。
効果に関しては、血管拡張の効果をもっているので、毛乳頭の細胞、毛母細胞の活性化が濃厚であるとされていますが、その他血管拡張剤は、同作用が見受けられず、現在では、発毛の仕組みはハッキリとはわかっておりません。
もちろんどちらも薬品ですので、リスクである副作用は伴います。海外の薬という事で、偽物も出回っているという事実も良く聞きます。だからこそ、優良なサイトを調べ、自分自身で知識を身につけ、少しでもリスクを回避し、悩みを解消しましょう。

薄毛の治療薬について
 オススメの海外医薬品の通販サイトはコチラ